Antelope Audio Live Clock:パワーレック鍵盤堂 - 9535b

2020-01-07
カテゴリトップ>アウトボード>クロックジェネレーター
Antelope Audio
Live Clock

明確なステレオイメージ、ディティールの再現性、本格的な音の表現

独自の血統

10年間でAntelope Audioは、スタジオ・マスタークロックの市場を席巻し、私たち独自のアナログ的なサウンドと共に正確なクロッキングを提供しています。ここ数年でAntelopeのシンクロナイジング技術は、ライブ環境下において非常に有益である事も証明しました。フロント オブ ハウス(FOH)のミキサーとモニタリング機材のクロッキングは観客とミュージシャンの両方に卓越した音質をもたらしました。明確なステレオイメージ、ディティールの再現性、本格的な音の表現はAntelopeのクロッキングを使用する事に関する、主な利点の一つです。
そして今、Antelope AudioはLiveClockを紹介します。ユニークなサイズ、音質と価格を特徴とするこのオーディオマスタークロックは、どのようなライブサウンドセットアップにも合うように設計されたデザイン。FOHの機材セッティング環境に最適な1台です。ポケットサイズのクロックのタッチスクリーンはロック可能であり、堅牢なアルミケースの筐体でAntelopeのサウンドを運ぶ事ができ、ラックイアーを使用した1Uサイズはお使いのセッティングに簡単に組み込むことができます。

ライブの現場から自宅での使用まで

競争力のある価格とエレガントでコンパクトな筐体は、レコードエンジニアやホームスタジオプロデューサー、トラベリングアーティストなど、行く先々で最適なサウンドを実現する必要がある方にとって最善の選択と言えます。LiveClockは他の製品と同様のクロッキング技術を使用しおり、それゆえ伝説的なクロック”TRINITY”や最新モデル”OCX HD”と同様の驚くべきサウンドを手にいれる事が出来ます。

優れた操作性

新しいLiveClockは、洗練されたタッチボタンを介し、簡単に設定を行う事が可能です。便利なパネルロック機能は、セッションやライブの間にサンプリングレートが変更される事を防止します。デバイスのアスペクトは、OS XやWindowsと互換性のあるソフトウェア コントロール パネルを介し、簡単に操作可能です。

アトミック クロック インプット

LiveClockは192kHz以下のサンプルレートに対応し、4つのBNCワードクロックアウト、2ペアのAES/EBUとS/PDIFアウトプットから出力されます。また複数のデバイスへの同時クロッキングを可能にし、大規模なライブセッティングか、現代的なスタジオセットアップいずれかの、完全なシンクロナイゼーションを提供します。Antelopeの10MX若しくは10Mとの接続用の10MHzインプットは、更に大きな安定性と音質を提供します。


※初回起動時には、認証の為インターネット環境が必要となります。
※動作環境につきましては、メーカーサイトまたは店舗スタッフまで最新情報をご確認ください。

192kHz ライブマスタークロック、”LiveClock”
価格
112,000円 (税込120,960 円)
※最安送料での配送をご希望の場合、注文確認画面にて配送方法の変更が必要な場合があります。
※離島・一部地域は追加送料がかかる場合があります。
※東京・神奈川・千葉・埼玉で対象エリア外へのご注文は、毎日15:00までのご注文で翌日の配達となります(あす楽)
お取り寄せ商品 納期は別途ご連絡
注文数
未選択項目があります
選択肢を選んでから買い物かごに入れてください
未選択項目があります
選択肢を選んでから買い物かごに入れてください
お気に入りに追加
お気に入りに追加
レビューを書く


山本商会株式会社 AED