ピエール・ボンコンパン「黒いぶどうとインドのテーブルクロス」:オーダーメイド掛軸の店川端美術店 - e07ba

2019-11-01
カテゴリトップ>絵画>ピエール・ボンコンパン
ピエール・ボンコンパン
「黒いぶどうとインドのテーブルクロス」
作品名黒いぶどうとインドのテーブルクロス
作 者ピエール・ボンコンパン
額付サイズ約46cm×65cm  絵サイズ26cm×45cm
技 法

◆リトグラフ◆

リトグラフ(石版画)は、1798年 ドイツのアロイス・ゼネフェルダー氏が発明したもので、石や金属版を使用した版画の手法の一つです。

特定の石や金属の平面上に、石や金属版を油性の画材で描いた後、水と油の反発性を用いて版をつくり、石や金属版を描画された油の部分のみインクを付着させ、紙をのせて刷っていきます。

豊富な色のリトグラフは、一色につき一版ずつ必要なので、色分解された版をつくる作業を繰り返し、重ねて刷りあげていくのです。

重厚な表現もでき、版画の主流的技法になっています。


 Pierre BONCOMPAIN ピエール・ボンコンパン

1938年 フランス・ドロム県ヴァランス市に生まれる

1958年 パリ国立装飾美術大学首席入学 コンセイユジェネラル賞受賞

1961年 パリ国立美術大学に入学

1963年 コリユール賞受賞

1970年 クリティック賞(批評家賞)受賞

1977年 フランス・市立ヴァランス美術館にて個展

1990年 フランス・シュノンソー城にて個展

1993年 フランス・市立ヴァランス美術館にて回顧展

1977年 オランダ・シンガー美術館にて個展

1998年 フランス・パレ・カルノレス美術館 大阪 ナビオ美術館にて個展

2000年 アメリカ・ジョンソン&ジョンソン財団の大壁画を制作

2001年 オランダ・シンガー美術館にて個展

2002年 中国 上海美術館にて個展 10月 来日記念展
(東京、神奈川、大阪、神戸、福岡)

ピエール・ボンコンパン パリのアトリエにてジョンソン&ジョンソン財団大壁画製作風景上海美術館 回顧展

2000年
ジョンソン&ジョンソン財団
大壁画製作風景

2002年
中国上海美術館 回顧展

シュノンソー城での個展

フランス・ロワール地方 シュノンソー城での個展

1990年 フランスの由緒あるシュノンソー城にて、6ヶ月間におよぶ個展を成功させ、当時52才の若さで画家としての評価を世界的に高めることとなりました。


【リトグラフ】
価格
162,000円 (税込)
※最安送料での配送をご希望の場合、注文確認画面にて配送方法の変更が必要な場合があります。
※離島・一部地域は追加送料がかかる場合があります。
※東京・神奈川・千葉・埼玉で対象エリア外へのご注文は、毎日15:00までのご注文で翌日の配達となります(あす楽)
お届けまで5〜7日の予定です。
※注文個数によりお届け日が変わることがあります。

個数
未選択項目があります
選択肢を選んでから買い物かごに入れてください
未選択項目があります
選択肢を選んでから買い物かごに入れてください
お気に入りに追加
お気に入りに追加
レビューを書く


山本商会株式会社 AED