正絹 絞り九寸名古屋帯 -藤娘きぬたや- [ 0808-510 ]:和-closet 浅野屋呉服店 - 3109e

2019-11-11
カテゴリトップ>きもの・帯>名古屋帯>染め九寸名古屋帯
正絹 絞り九寸名古屋帯 -藤娘きぬたや- [ 0808-510 ]絞りで柄を描き出しているお太鼓柄の九寸名古屋帯です。

日本の伝統的な絞りの技法を駆使し、お太鼓と前腹の部分に柄を描き出しています。
疋田、一目、帽子の各絞りの技法にて流水、青海波、そして大輪の菊を描き、地の部分にもギッシリと鹿の子の絞りを施した贅沢な逸品です。

また、濃い目の鳩羽色をベースに鼠色と藤色を僅かに挿すのみに抑え、白上がりの絞りの持ち味を最大限に引き出したその色使いは見事です。

大島や無地調の小紋などにオススメです。
観劇や展覧会のお出掛けなどに白大島などに合わせて頂くと素敵です。

■素材 絹100%
■地色 鳩羽色
■産地ブランド 藤娘きぬたや
■柄付 お太鼓柄



●この商品は仕立て前の反物の状態です。
帯お仕立てページへ

お仕立て希望の方は
「帯仕立て[染め九寸名古屋帯](専用帯芯含む)」
を別途ご注文下さい。


お試しボタン ご利用のお客様へ

発送前にお電話にてご本人様確認を差し上げます。
ご在宅時間帯も併せてお知らせください。



きぬたやの絞り
西陣織に代表される、織機で織られる錦の帯は金糸銀糸が眩く織り込まれ、振袖や留袖と言った礼装から、色無地等の略礼装の着物に相性が良く、コーディネイトされます。

もう一方のカテゴリーに属する染帯は、縮緬や塩瀬などの帯用白生地に手描きや型の染を施すことで作られ、紬やお洒落小紋などのカジュアルの着物に良く映ります。その為、染帯は名古屋帯で染め上げることが多くなります。

カジュアル向けの着物に合う帯は紬の八寸名古屋帯なども相性が良いのですが、それとは異なる趣をかもし出してくれるのが染帯になります。

こちらのページでご紹介するのは、その染帯と同じカテゴリーに属する絞りの名古屋帯になります。

絞りではトップメーカーの「藤娘きぬたや」の商品になります。
この「きぬたや」は呉服業界や着物愛好家の中ではその作品のクオリティーの高さで高い評価を得ている高級呉服の代名詞のメーカーさんです。着物では数十万から百万円を超える品も多いのですが、名古屋帯なら比較的に手の届き易いお値段に収まります。本物を楽しむ一つの選択肢ですネ。

お仕立てについて
お仕立て前に現物を一旦配送

お試しボタン制度
正式注文の前に現物確認

ECクレジット分割払い
15回まで金利・手数料サービス




きぬたやの絞り
価格
98,000円 (税込105,840 円)
※最安送料での配送をご希望の場合、注文確認画面にて配送方法の変更が必要な場合があります。
※離島・一部地域は追加送料がかかる場合があります。
※東京・神奈川・千葉・埼玉で対象エリア外へのご注文は、毎日15:00までのご注文で翌日の配達となります(あす楽)
1〜2日以内に発送予定(店舗休業日を除く)
未選択項目があります
選択肢を選んでから買い物かごに入れてください
未選択項目があります
選択肢を選んでから買い物かごに入れてください
お気に入りに追加
お気に入りに追加
レビューを書く


山本商会株式会社 AED