ZOOM H6 + APH-6 セット ハンディレコーダー アクセサリパッケージセット 【ズーム H6 + APH6】:島村楽器 - 5f8c4

2019-11-11
カテゴリトップ>電子楽器/DAW/PA/レコーディング>PA/レコーディング機器>レコーダー/プレーヤー>ハンディレコーダー
ZOOM H6 + APH-6 セット ハンディレコーダー アクセサリパッケージセット 【ズーム H6 + APH6】※iPadへのUSB接続には、カメラコネクションキットが別途必要です。

H6 + APH-6H6ハンディレコーダーとAPH-6アクセサリ・パッケージのセット。


H6専用のアクセサリ・パッケージ
【製品内容】
■ 業務レベルの風防性能を誇るヘアリーウィンドスクリーン(WSH-6H)
■ REC/PLAY/STOP等の各種操作が可能なリモート・コントローラ(RCH-6)
■ USBタイプのACアダプタ(AD-17)



ライブレコーディング、映画やビデオの音声収録、放送用ニュース取材など、いつでもどこでもプロフェッショナルなレコーディングを実現。



【H6 特徴 】
■ 一眼レフカメラのレンズのように、シーンに応じてマイクを交換可能
■ 最高24bit/96kHzのWAVフォーマットで、最大6トラックの同時録音に対応
■ メニューの表示言語を、日本語または英語に切り替え可能
■ 最大128GBの大容量SDXCカードをサポート
■ BWF(Broadcast Wave Format)準拠のWAV録音またはMP3録音が可能
■ 録音時のモニターミックスを作れる、内蔵ミキサー機能
■ 録音結果をその場でプレビュ再生できる内蔵スピーカー
■ プロジェクトごとに、ボイスメモと最大99個のマーカーを記録可能
■ 最大99テイクの重ね録りができる、オーバーダビング機能
■ PC/Macに録音データを高速転送できるUSB2.0ポート
■ 6入力】2出力のUSBオーディオ・インターフェース機能
■ iPad対応のステレオ仕様のUSBオーディオ・インターフェース機能
■ カメラストラップも取り付け可能なストラップホールを装備
■ 単3アルカリ電池4本で、20時間以上のロングバッテリーライフ
■ 最大16トラックのオーディオ録音が行えるDAWソフト『Cubase LE』をバンドル


6チャンネル同時入力が可能
『H6』は、XYカプセルやMSカプセルからのL】R入力に加え、4系統のXLR】TRSフォーン入力を標準装備。合計で最大6トラックの同時録音が可能です。XLR】TRSフォーン入力にはマイクレベルからラインレベルまでの幅広い信号を入力でき、外部マイクはもちろん、PAミキサーや音楽プレイヤー、キーボードやアクティブタイプのギターやベースの接続にも対応。XLRコネクタは業界標準の2番ホットを、TRSコネクタはTIPホットを採用しています。
各インプットには個別のゲインコントロールノブが用意され、録音現場での確実で素早いレベル合わせをサポートします。−20dBのPADスイッチにより、プロ機器が採用する+4dBのラインレベルも歪みなく入力できます。また、プリアンプは従来の3Vよりも高い5Vの電圧で駆動させることで、マイクもラインも楽器も入力できる余裕のヘッドルームを確保。PADスイッチと組み合わせた幅広いゲイン設定により、H4nと比べ30dB大きな信号から、14dB小さい信号まで対応します。電源供給の必要なコンデンサーマイクを使用する際も、メニューオプションを選択するだけのシンプル操作。インプット端子別または全インプットに一括で、ファンタム電源(+12】+24】+48V)を供給できます。プラグインパワータイプのコンデンサーマイクも、XYカプセルに装備されたステレオミニ仕様のMIC/ LINE IN端子に接続して使用できます。



ライン】ヘッドフォン】USBアウトを装備
『H6』のLINE OUT端子は、本体のフロント面に用意されています。このステレオミニ端子からは、『H6』の内蔵ミキサーを通過したステレオ音声がアンバランスのアナログ信号として出力されます。内蔵ミキサー機能では、6チャンネル分のボリュームやパンを個別に調整できるので、録音現場でモニターミックスを作ってサウンドチェックすることができます。
『H6』のUSBポートは、本体の右サイドに配置されています。USBオーディオ・インターフェース機能の設定メニューにより、本体内蔵ミキサーを通過したステレオ音声か6チャンネル個別の音声をデジタルのままUSB接続されたパソコンに送ることができます。
さらに、ボリュームコントロール付きのヘッドフォン端子を本体の左サイドに装備し、ヘッドフォンを接続してステレオ音声をモニターすることができます。
また、本体の底面にモノラルスピーカーを内蔵し、ヘッドフォンが無くても録音結果をその場で再生して確認することが可能です。なお、ヘッドフォンが接続されている時は、スピーカーからの出力は自動的にオフになるので安心です。



新開発の大口径ダイヤフラムを採用。自然で立体的な音像を捉えるXYマイク
XYマイキングは、センターの音をしっかりと捉えつつ、低域から高域まで左右の分離の良い録音を実現する、ステレオレコーディングの代表的なテクニックの一つです。自然な奥行きと広がりをもった立体的なサウンドで、特定の音源を狙った近〜中距離の録音に最適です。付属のXYカプセル(XYH-6)には、クラス最高の14.6mmの大口径ダイヤフラムを採用し、最大136dB SPLの音圧でも歪みのないクリアなサウンドを録音することが可能。

また、2基のマイクの角度を90度から120度に簡単に変更することができ、XY方式でよりワイドなステレオサウンドをレコーディングすることも可能です。
XYマイキングによるステレオ録音をモノラルで再生すると、マイク1本で収録した通常のモノラル録音よりも音量レベルが大きくなってしまいます。そのため、テレビやラジオなどの放送用途でモノラル音源としても使用される可能性がある場合は、次に紹介するMid-Side(MS)マイキングがお勧めです。



モノラルからワイドなステレオ音像まで。音源に応じて自在に可変できるMSマイク
センターの音を拾う単一指向性のMid マイクと、左右の音を拾う双指向性のSide マイクを組み合わせたMSカプセル(MSH-6)を付属。Side マイクのレベルを調節することで、ステレオ幅を自在に可変できるMSレコーディングが誰でも簡単に行えます。MS-RAW モードで録音すれば、録音後にステレオ幅を調整することも可能です。
ワイドなステレオイメージを捉えることができるMSマイクは、音源が複数ある広く開放的な空間での録音、例えばオーケストラやライブコンサート、サウンドスケープの収録に最適です。Side マイクをオフにすれば、インタビューやナレーション、会議などに適したモノラル録音を行うこともできます。
このMid-Sideテクニックは、ルームアンビエンスの量を調整したい場合にも非常に効果的です。





[Spec]





JANコード:0151000032352

JANコード:0151000032352

【2018/09/30】

H6ハンディレコーダーとPH-6アクセサリ・パッケージのセット。

価格
50,880円 (税込)
※最安送料での配送をご希望の場合、注文確認画面にて配送方法の変更が必要な場合があります。
※離島・一部地域は追加送料がかかる場合があります。
※東京・神奈川・千葉・埼玉で対象エリア外へのご注文は、毎日15:00までのご注文で翌日の配達となります(あす楽)
1〜2日以内に発送予定(店舗休業日を除く)
※注文個数によりお届け日が変わることがあります。

個数
未選択項目があります
選択肢を選んでから買い物かごに入れてください
未選択項目があります
選択肢を選んでから買い物かごに入れてください
お気に入りに追加
お気に入りに追加
レビューを書く


山本商会株式会社 AED